• 2017.06.02 MS Access, Xojo, データベース

    Xojoを採用しようか悩んでいる企業の方から聞く質問の一つに「MS Accessと何が違うんですか」があります。確かにどちらもVBA(Xojoは風ですが)でアプリケーションを作れるという点は同じです。しかし幾つかの相違点があります。

  • 2017.05.26 web, Xojo

    Xojoではデスクトップアプリケーションの他、WebアプリケーションやiOSアプリも開発できます。今回はその一つ、Webアプリケーション開発について紹介します。

  • 2017.05.19 macOS, 開発

    先日リリースされた2017リリース1でmacOS、Linuxの64bitでのデバッグに対応しました。これまではビルドはできましたが、デバッグができませんでした。今後は32bit、64bitともにデバッグ可能になります。なおWindowsはまだ対応していないのでご注意ください。

  • 2017.05.15 JavaScript, web, 開発

    前回の記事で紹介したHTMLViewを使ったアプリの場合、対象としているアプリケーションのドメイン以外のURLはアプリ内では開きたくないでしょう。どんなURLでも開いてしまったら単なるブラウザになってしまいます。

    そこでクリックされたURLを判別してHTMLViewで開くか、外部ブラウザで開くかを判別したいと思います。また、macOS版のHTMLViewでは外部ドメインのクリックが有効になっていないので、その問題も解決します。

  • 2017.05.01 Visual Basic, Xojo

    Visual Basicはとても優れたプログラミング言語で、今なお社内システムとしてメンテナンスされているケースが多々あります。乗り換えるには既存の資産があまりにも大きく、さらにWindows 10でも動作するとあって今なお使われています。

    そうして培ってきたVisual BasicのプログラミングスキルはWindowsアプリ開発でしか活かせません。VB.NETやC#.NETは構文が大きく異なりますし、開発手法も変わってきます。せっかくの開発スキルを他でも活かしたい、そう考える方にお勧めなのがXojoです。

  • 2017.04.24 HTMLViewer, オープンソース, 開発

    分散型SNS、Mastodonの人気が急激に高まっています。Webブラウザから使うのが基本ですが、より本格的に使っていくためには専用クライアントソフトウェアの存在が欠かせません。

    そこで今回はたった一行のコードでできるMastodonクライアントの作り方を紹介します。

  • 2017.04.17 シチズンデベロッパー, 開発

    シチズンデベロッパーは一般的に自分の業務に対する満足度が高いと言われています。それは面倒だったり、手間がかかる業務を自動化、簡素化することによって本来行うべき価値ある業務にフォーカスできるためでしょう。

    今回はシチズンデベロッパーがどのような業務改善を行えるか、その一旦を紹介します。

  • 2017.04.12 Raspberry Pi, Xojo IDE, 開発

    Raspberry Pi向けのソフトウェアを開発する場合、多くはPythonかNode.jsを使うかと思います。そして、Raspberry PiにSSHで接続してコードを編集するでしょう。その際、viやEmacsを使ってコーディングを行うと思います。つまり、普段のソフトウェア開発とは全く異なるスタイルでの開発を強いられているはずです。さらにデバッグ機能がうまく使えないことも多く、標準出力を使ったデバッグで一つ一つ確認していくことになるでしょう。これは生産性が高いやり方とは言えません。

    今回はXojoの新機能であるRaspberry Piのリモートデバッグ機能を紹介します。これを使えば普段使っているXojo IDEからRaspberry Piアプリの開発やブレークポイントを使ったデバッグができるようになります。

  • 2017.04.05 シチズンデベロッパー, 開発

    シチズンデベロッパーとしてツールを作る楽しさを覚えると、これまであったすべての業務を自動化したくなります。それはとても素晴らしいことなのですが、闇雲にツールを作っていくと徐々に問題が顕在化していきます。

    今回はそんなよくある問題について紹介します。

  • 2017.03.21 クラウド, シチズンデベロッパー

    開発者であればJavaや.NET、PHP、Ruby、Perl、Python、C/C++といったプログラミング言語を選択します。これらの言語は汎用的に使えますし、得手不得手はあるものの高度な実装も可能です。

    しかしこれらの言語はシチズンデベロッパーにとっては敷居の高いものになります。ゼロから自分で作るというのは難しいものです。何より自分が実現したいのは業務の改善や自動化であって、プログラミング言語の学習ではないのです。

    そこで注目されるのがローコードプラットフォームと呼ばれるシステムです。ローコードまたはノンコードプラットフォームなどと言われるジャンルのシステムで、少ないコード量で作りたいものが実現できます。