Xojoは無料で入手でき、すぐに開発を始められます。
作成したアプリケーションを配布用にビルドする場合や、開発中に日本語技術サポートを受ける場合はライセンスが必要になります。
以下の表を確認し、ご希望のXojoライセンスをお求めください。

機能とラインナップ

  Raspberry Pi Single Desktop Desktop Web iOS Pro
Raspberry Piコンソールアプリ            
OS Xアプリ   ※ いずれか1つ        
Windowsアプリ   ※ いずれか1つ        
Linux/Raspberry Piアプリ   ※ いずれか1つ        
Webアプリ            
iOSアプリ ※            
日本語技術サポート            
バージョン管理対応            
SQLiteデータベース            
データベース接続            
コンソール/サービスアプリ            

※ iOSアプリはmacOS上でのみ開発できます

 

Raspberry Piアプリ開発に必要なライセンスを詳しく見る

価格とライセンス

開発ビルドライセンス

表内のチェックボックスをクリックしてライセンスを選択し [製品を購入する] ボタンをクリックすると、ご購入の手続きの画面に進みます。また、[見積を作成する]ボタンをクリックするとお見積の発行手続きに進みます。必要なライセンス数量の設定は遷移先の画面で変更できます。(表内の価格はすべて税別表記です。)

 

Raspberry Pi

Single Desktop

Desktop

Web

iOS

Pro

新規開発ビルドライセンス

8,000円

16,000円

OS Xアプリ用
Windowsアプリ用
Linux/Raspberry Piアプリ用

58,000円

58,000円

58,000円

135,000円

 

更新ライセンス

更新ライセンスの購入と見積作成はマイアカウントからお求めいただけます。

更新ライセンスの購入方法を見る

Raspberry Pi

Single Desktop

Desktop

Web

iOS

Pro

1年更新ライセンス

14,000円

53,000円

53,000円

53,000円

123,000円

2年更新ライセンス

27,000円

96,000円

96,000円

96,000円

220,000円

Xojoライセンス図

開発ライセンス図

 

開発ビルドライセンスについて

  • ユーザー1 人につき 1 ライセンス必要となるユーザーライセンスです。
  • Xojo Pro をご利用の場合、1 ライセンスで 3 台までのコンピュータに登録できます。
  • Xojo Desktop、 Web、 iOS をご利用の場合、1 ライセンスで 2 台までのコンピュータに登録できます。
  • Xojo Single Desktop、Xojo Raspberry Pi をご利用の場合、1 ライセンスで 1 台までのコンピュータに登録できます。
  • マルチブート環境で、1台のコンピュータに複数の OS をインストールしている場合や、Virtual PC や VMware などのエミュレータで生成した仮想環境上にライセンスを登録する場合は、それぞれ 1 台のコンピュータとして数えます。
  • Xojo Single Desktop、Xojo Raspberry Pi をご利用の場合、サポートサービスは含まれません。

更新ライセンスについて

  • 更新ライセンスは、Xojoの開発ビルドライセンスをお持ちのユーザー様が利用可能なライセンスです。

ライセンスの有効期間について

  • 開発ビルドライセンスの有効期間は 1 年です。有効期間は、納品されるアクティベーションコードを使用して専用サイトで発行されるライセンスキーを入手した日から開始します。
  • 更新ライセンスの有効期間はそれぞれ1年または2年です。納品されるアクティベーションコードを使用して、Xojoマイアカウントのライセンスページでライセンスを更新できます。
  • ライセンスの有効期間内にリリースされるバージョンのXojoは、有効期間終了後もご利用いただき、アプリケーションをビルドすることができます。
  • サポートサービスはライセンスの有効期間内のみご利用いただけます。
  • ライセンス期間を延長するには、更新ライセンス(1年または2年)をご利用ください。