一覧に戻る

Xojo 2017リリース3公開のお知らせ

2017.12.06 グレープシティ お知らせ

Xojo 2017リリース3 を12月5日にリリースしました。

Xojo 2017リリース3の内容

本リリースでは今回のリリースでは以下の内容をはじめとした 170 か所以上の改良が行われました。

Xojo 2017 リリース3では以下の機能が実装されています:

  • Windows、Mac OS、Linux での IDE の64ビット化
  • ARM での XojoScript の 64 ビットサポート
  • iOS デバッグの 64 ビットサポート
  • 64 ビット Windows アプリケーションでの Windows バージョンとセキュリティレベルの指定機能
  • Reports が 64 ビットをサポート
  • SQLite が 3.20.1 にアップデート
  • WebTextArea.CueText プロパティの追加
  • Security アップデート (OpenSSL 1.1.0e)

なお、本アップデートに伴い、Xojo IDEのシステム要件が変更され、32-bit環境のWindows OS/Linux OSでのXojo IDEのご利用は動作サポート対象外となります。
本アップデート適用の際はご注意ください。
なお、作成するアプリの実行環境については、引き続き32-bit環境と64-bit環境をサポートします。
詳細については、システム要件をご確認ください。

最新版のダウンロード

Xojo 2017リリース3の改良点一覧は、製品のリリースノートをご覧ください。

最新版をダウンロードする

リリースノートを見る