一覧に戻る

Xojo 2017リリース1公開のお知らせ

2017.04.03 グレープシティ お知らせ

Xojo 2017リリース1 を3月28日にリリースしました。

Xojo 2017リリース1の内容

このリリースでは待望のRaspberry- Piアプリのリモートデバッグを含む230ヶ所以上の改良が行われています。

このリリースの概要は以下の通りです。

 

  • macOS と Linux で 64 ビットデバッグに対応
  • Raspberry Pi へのリモートデバッグ機能の追加
  • Windows での印刷機能の改善(現在は Direct2Dを使用)
  • Windows での Xojo.Net.HTTPSockets の改善
  • コードエディタの改良(コードフォーマットの自動化の改善、行番号オプション、タブの取扱いなど)
  • メニューショートカットエディタ機能の追加(すべての IDE メニューのショートカットの設定と変更が可能)
  • Windows での WebKit HTMLViewer の処理高速化と標準準拠(Chromium Embedded Framework 3 の使用)
  • テキストベースのウェブコントロールでの HTML サポート

最新版のダウンロード

Xojoの最新版をダウンロードしてご利用ください。

Xojo 2017リリース1の改良点一覧は、製品のリリースノートをご覧ください。

最新版をダウンロードする

リリースノートを見る