なぜXojoを使用するのか?

Raspberry Pi用のアプリを作成するために、コンソールベースのPython言語を使用する代わりにXojoを試してみましょう!Xojoは、パワフルなオブジェクト指向のプログラミング言語を使用する統合開発環境(IDE)ですが、Xojoを使用して、デスクトップアプリ、Webアプリ、コンソールアプリが簡単に作成できます。それだけではなく、Xojoはクロスプラットフォームとマルチプラットフォームに対応しますので、Xojoで作成したアプリがWindows、OS X、Linux、およびWeb上で動作します。

Raspberry Piと他のシングルボード・コンピュータは、安価でコンパクトなソリューションを提供しますので、場合によって普通のコンピュータより便利です。

「弊社の環境音楽とデジタルサイネージサービスの一部として、メディアプレーヤーソフトのハードウェア・プラットフォームに Mac Miniを使用しています。しかし、PiはMiniより安く、またPiの交換部品も安くて、インストールもより簡単なので、XojoのRaspberry Piへの対応は私たちのビジネスにも大きな影響を与えるでしょう。何より最高なのは、既存のソフトウェアをPi用に再コンパイルするために多少の変更が必要なだけで、短時間でPiアプリを配布できるようになることです。また、既存のMiniとPi上で実行するアプリを同じコードで開発してコンパイルできるので、両方のプラットフォームに対応する機能を追加していくことが可能なのです。」

- Bruno Frechette, PJJ Productions

 

「この数年間、お客さまに完全なターンキー・コントロール・ソリューションを販売したいと思っていました。しかし、通常のPCを再販売するのは、費用対効果が高いソリューションではありません。XojoがRaspberry Piに対応するようになったことで、PCベースのシステムより安いターンキー・コントロール・ソリューションを提供できるようになりました。Linuxに関連する多少の変更だけで、既存のアプリをRaspberry Pi上に問題なく実行するようにコンパイルできるのです。お客様に単にソフトウェアだけでなく、完全なソリューションを提供できることに非常に興奮しています。」

- Jon Ogden, Just Add Software

何千人もの人々が、Xojoがアプリを作成するための最も簡単なツールであることを証明しています。さらに、Raspberry Pi用のアプリを作成するための最も簡単なツールにもなりました。また、Xojoで作成した既存のアプリは、ワンクリックで簡単に Raspberry Piバージョンにビルドすることができます。

Xojoで作成できるRaspberry Piアプリケーションの種類とライセンス

Xojoを使って、Raspberry Pi上で動作するコンソールアプリケーション、デスクトップアプリケーション、Webアプリケーションを作成できます。

それぞれのアプリケーションをビルドするために必要なライセンスは、Xojoの次のライセンスに含まれています。

Raspberry Pi

Single Desktop Linux

Xojo Desktop

Xojo Web

Xojo Pro

コンソールアプリケーション

デスクトップアプリケーション

Webアプリケーション

システム要件

  • ARMv7またはCortex-Aシリーズ(Raspberry Pi 2、Banana Pi、Beagle Boardおよび同様のシングルボード・コンピュータで使用される)
  • コンソールアプリのために512MBのRAM、デスクトップアプリとWebアプリのために1GBのRAM
  • Raspberry PiのGPIOポートにアクセスするためのオープンソースのGPIOモジュール